徳島県では、「発達障がい教育・自立促進アドバイザーチーム」の専門家と連携し、不登校児童生徒の対する実践研究に取り組んでいます。

今までに取り組んだ実践内容を紹介していますので、日頃の指導実践にいかしてください。

*学校コンサルテーション:学校が抱える指導上の諸問題を解決するための方策等について、豊富な知識や経験を有する専門家が、教員への助言を行うとともにその実行を援助する取組である。徳島県では1事例につき原則年間2回のコンサルテーションを実施している。

実践事例